1. >
  2. >
  3. 埼玉のおすすめツーリングスポット

埼玉のおすすめツーリングスポット

埼玉県らしい景色を感じるための旅

すっかり東京都内のベッドタウンという印象になってしまっている埼玉県ですが、実は通好みするツーリングスポットが沢山存在しています。

都内方面からは東北自動車道もしくは関越自動車道を使うことで、短時間で県北部へとアクセス可能です。

東北自動車道はそのまま直進をしていくと栃木県佐野市へと抜けていきますので、北関東方面へのツーリングをするときの経由地にしている人も多いのではないかと思います。

そこまで遠出をするというわけでない人は、途中岩槻市から大宮方面に向かうことでさいたま市内での買い物を楽しむことができるでしょう。

ちなみに岩槻市から国道122号線に乗って北上をすると、伊奈町や菖蒲町といったところに向かうことができます。

こちらは新鮮な野菜販売をするお店が多い農村地域となっているので、新鮮な地産地消野菜を買い求めたいという人は定期的に通ってみてもよいのではないでしょうか。

もう一つの埼玉県内の幹線道路となっているのが関越自動車道です。
こちらは練馬区方面から川越、鶴ヶ島、東松山といったところを通って群馬県に抜けていきます。

関越自動車道を使う時に立ち寄ってもらいたいのが上里SAで、上り線・下り線ともにおみやげコーナーが充実しており複数のレストランが営業している場所です。

関東甲信越方面への高速バスの休憩所にもなっていることから駐車場も広く、かなりたくさんの人で賑わっています。

おすすめは地産レストラン「上里プリンス」で、他にも焼き立てパンのお店「プリンスフルーニ」といった名物店があります。

もう少し北上をすると寄居PAもありこちらも一度は立ち寄ってもらいたい名物休憩所となっています。
特長はサン=テグジュペリの「星の王子さま」とのコラボレーションで、施設内全体がお城のような作りをしているのもおもしろいところです。

秩父巡りのおすすめルート

埼玉県へのツーリングといえば秩父方面は外すことができません。
秩父市は東京方面からは青梅街道から八王子経由で向かうことができる峠道で、バイクで一度は通ってもらいたい場所として「雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)」があります。

雷電廿六木橋はぐるりと一周している非常に珍しい形状の陸橋で、もともとは埼玉県~山梨県をつなぐ一般国道「彩甲斐街道」の見どころとして作られました。

グッドデザイン賞を受賞した他、独特の建築デザインが非常に高く評価をされており、ライダーにとってのインスタ映えも最高です。

周辺を緑の山々に囲まれていることから非常に空気がキレイで、夏場でも涼しく走行をすることができます。

都内からは十分日帰りで往復できる距離ではあるのですが、雷電廿六木橋は夜間のライトアップも見どころなのでナイトツーリングもおすすめです。

オススメ記事4選

Copyright © 2018 BIKE web
top