1. >
  2. >
  3. 自分でオイル交換をする方法

自分でオイル交換をする方法

エンジンオイルの基礎知識

エンジンオイルはバイクや自動車など、ガソリンエンジンを使用する時には必ず使用される消耗品です。

エンジンオイルはエンジン内部を満たすようにして入れられている液体で、作動をしたときに発生する金属部品の動作を助けます。

ガソリンエンジンの場合、プラグを発火させることでガソリンを燃焼させ、その時に起こる爆発を動力にするという仕組みです。

そのため常に発火を繰り返すエンジン内には高い熱が発生してしまい、そのままではあっという間にオーバーヒート状態になってしまいます。

エンジンオイルを中に入れておくことで、金属の摩擦を防ぐとともに、加熱しすぎないように冷却してくれるというわけです。

しかしオイルという性質上、時間が経過することで自然に酸化をしてしまいます。
またエンジン内で使用されることで金属同士の摩擦で発生する金属片などにより汚れが発生し、次第に濁って粘度が高い状態になってしまいます。

劣化したオイルは正しい働きをすることができなくなるので、最終的にはエンジン性能を落とし、さらにエンジンそのものの寿命を短くしてしまうのです。

日常のメンテナンスではエンジン部分の下部にあるオイルゲージを見て、色や量が適切であるかをチェックしておくようにしましょう。

チェックするポイントとしては、オイルの色が黄色く半透明の状態から黒く濁った状態になっていないかや、オイルの量がアッパーラインより上になっているかということです。

エンジンオイルの交換は手順を守って

エンジンオイルの交換をショップで依頼すると、使用するオイルの実費にプラスして工賃として3000円程度が取られます。

自分でも行うことができますが、このとき周辺の環境に配慮し安全に行うことが必要です。

自宅やガレージで行う時には、メガネレンチ、新品のエンジンオイル、廃油ボックスといったものを使用します。

手順としてはまずバイクを安定できるところに置き、エンジン下部についているドレンボルトを緩めます。
この時真下に廃油ボックスを用意しておき、ドレンボルトを外した時に流れ出る廃油を受け止めましょう。

ドレンボルトはエンジンの真下についているので、ボルトを緩めるだけで自然に流れ落ちます。

全て流れ出たらしっかり元通りにドレンボルトを締め直し、今度はエンジン上部にあるエンジンオイル注油口にオイルを入れていきます。

新品のエンジンオイルを入れる時には、注入用のノズルを使用するとこぼさずに行うことができます。
注入用のノズルはオイル販売店で無料で入手できますので、忘れずに持って来るようにしましょう。

ただしエンジンオイルの必要量はバイクによって異なるので、入れすぎにならないようにアッパーラインを確認しながら行います。

オススメ記事4選

Copyright © 2018 BIKE web
top